脱毛クリームや家庭用光脱毛器はヒゲ脱毛に効果なし!?

ヒゲ脱毛を考えている方。
調べ始めて医療脱毛の金額に驚いてませんか?
色々調べていくうちに、

脱毛クリーム買ってみるか

家庭用の脱毛器で良いかな?

と考え始める方も多いと思います。
私の実体験からすると無駄でした
完全なる無駄な出費でした

この記事では筆者が体験した
家庭でできる脱毛について感想を述べていきます。

家庭でできる脱毛とは?

家庭でもできる脱毛方法として
①脱毛クリーム
②家庭用光脱毛器

が主に紹介されています。

脱毛クリーム

脱毛クリームは毛を溶かす成分が含まれる
クリームを塗ることで脱毛効果を得る方法です。
クリームを落とすときの摩擦で切れるといった感じです。

メリットは安価・容易に脱毛ができることです。
主にスネや腕の脱毛に使用されます。

デメリットは脱毛効果が低いことです。
クリームに接する皮膚から出ている毛のみに
効果がある
ため、ただ毛を切っているようです。
また、ヒゲなど顔付近では
クリームの刺激で赤くなることがあります。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器には2種類あります。
光脱毛器と熱脱毛器です。

光脱毛器

光脱毛器は毛根に光を当てることで
毛根にダメージを与え、毛を細くしていきます。
脱毛サロンで行うのは光脱毛です。
それより強い光はレーザー照射となり、
医療行為となるため、
美容外科でしか照射できません。

メリットは痛みもほどほどに
脱毛体験ができることです。
レーザー脱毛で永久脱毛したいと思っても
やはり痛みが最大のネックです。
バチバチと輪ゴムで弾かれたような痛みが襲い掛かります。
その点、光脱毛器であれば少ない痛みで
脱毛効果を得ることができます


デメリットは脱毛効果が薄いことです。
レーザー脱毛のようなつるつるは見込めません。
やり続けなければならない点もデメリットのひとつでしょう。

熱脱毛器

熱で毛を焼き切る脱毛器です。
脱毛クリームと同じように皮膚から出ている部分のみ効果があります。
かみそりで剃るよりも切り口が滑らかで、
ジョリジョリ感がないようです。
光脱毛器と比べて安価なのもメリットでしょう。

デメリットは脱毛効果を得られないことです。
毛根に直接ダメージを与えないためです。
ダメージを与えようとすると火傷しますので注意しましょう。


筆者の経験談

私もいきなりレーザー脱毛をしたわけでなく、
脱毛クリームや家庭用光脱毛器を使用した時期があります。
あくまでも一個人の感想なので悪しからず。

脱毛クリーム

f:id:wkldpiqbl:20190709202451j:plain
まずは脱毛クリームを使ってみました。
肌に塗ってしばらくしてから落としていくと、
毛が取れる取れる。
数日に分けて何回かやった後にヒゲを触ってみると
ヒゲがツルツルに!!!

しかし、次の日目覚めて触ってみるとジョリジョリとした感覚が。
脱毛クリームは毛穴にダメージを与えるわけでないためです。
すぐに伸びてきます。
脱毛クリームを塗るか、カミソリを使うかの違い。
根本的な解決にならないと思い止めました。

家庭用光脱毛器

f:id:wkldpiqbl:20190709202207j:plain
次に家庭用光脱毛器を使ってみました。
脱毛クリームと違い、毛根まで
ある程度ダメージを与えることができます。

実際やってみるとチクチクとした痛みを感じます。
なんだか効いている気がする!
この痛さなら長く続けられそうでした。

しかし、2か月程度続けても
目を見張るような効果を得られませんでした。
ヒゲを剃る手間をなくしたい私にとって
除毛程度の効果では満足できませんでした。


家庭でできる脱毛には限界がある

前の章で感想を述べたように、
ヒゲが濃くて悩んでいる人にとっては
脱毛クリームや家庭用脱毛器では十分な効果を得られません
個人でできる薬や機器の強さには限界があるのです。
除毛というような毛の本数を少し減らすだけです。
もともと多い(濃い)本数だと余計に効果を感じにくいです。


では どうしたら良いか

濃い髭を何とかしたい

髭剃りの手間をなくしたい

永久脱毛したい

のように思っている方は、
美容外科でのレーザー脱毛をおすすめします。
10万を超える出費なので躊躇するかもしれませんが、
家で自分でやる手間や時間を考えれば安いものです。
そのうえ確実な効果を発揮してくれるのです。
ヒゲ脱毛したいと思ったらすぐに行動すべきです。


下のリンクからカウンセリング予約ができます。
一度話を聞くだけでも良いので予約してみませんか?