25歳からのAGA治療〜治療を始める時の流れと経過報告〜

f:id:wkldpiqbl:20200628105046j:plain
若ハゲに悩む人は多いと思います。
僕自身もそうで、
特にこの半年くらいはかなり悩みました。
ただ、悩んでいても仕方がないので
先日AGA治療のカウンセリングに行って
ついに治療を開始しました。
遺伝環境や治療写真とともに
自身の経験をまとめます。



筆者の状況

気になったきっかけ

美容室にて

f:id:wkldpiqbl:20200628105257j:plain
1番初めは美容院で髪の毛を切ってもらってる時に
美容師から「髪の毛気にした方が良いよ」
と言われたことです。
髪の毛の洗い方とマッサージの仕方を
教えてもらいました。
ただ、当時は22歳だしまだ大丈夫だろうと思っていました。

後ろ姿の写真

f:id:wkldpiqbl:20200704223429j:plain
それから2年ほど経たったとき、
ふと友人が撮った筆者の後ろ姿を見ました。
頭頂部が薄くなっていることに気づいたんです。
横から見ても肌が見れるくらい。
この時から「あ、ヤバいな」と感じて
AGA治療について調べ始めました。

親族のAGA状況

父と父方の祖父は毛がない
いわゆる「つるっ禿げ」状態です。
母方の祖父は80歳を超えても
まだ健在でありました。

噂で髪の毛は母方の祖父から遺伝すると聞いていたこともあって、油断していました。


Dクリニックにカウンセリングに行った

f:id:wkldpiqbl:20200628105229j:plain
とりあえずAGA治療について調べてみました。
その中でDクリニックが良さそうと感じたので
無料カウンセリングを受けることにしました。
治療を受ける患者数も実績も多く、
安心できそうだったからです。

↓カウンセリングについては下の記事に書いています↓



AGA治療を開始する

f:id:wkldpiqbl:20200628105116j:plain
カウンセリングを受けて、
早めに治療を始めた方が良いと思ったので
Dクリニックで治療を始めてみました。

クリニックの雰囲気

「20代の人いないだろうな」と思っていましたが、
実際クリニックに行ってみると意外と年齢層は低めでした。
確かに1番多いのは30〜40代くらいですが、
若い人もいます。
そのため、自分だけだと恥ずかしく思うことはなかったです。
むしろ、同じ悩みを共有する戦友のような感覚になります。笑

治療内容

血圧測定と頭部撮影

まずは血圧を測りました。
そのあと頭部の撮影をします。
生え際と分け目、頭頂部の撮影です。
治療効果を把握するために
2〜3ヶ月に1度撮影を行います。

採血

処方される薬が体に合うかどうかを見るために
血液検査をします。
採血をして結果が出るのは1〜2週間後です。
基本的には検査結果を見てから薬を飲み始めます。

結果が出たらクリニックに行って薬をもらっても良いですが、
わざわざ訪れるのも面倒だったので
採血した日に薬をもらっておいて、
電話で検査結果を知らせてもらう方法にしました。
結果を知らされた日から薬を飲み始めます。

診察

医師からどういう治療法にしていくかや、
薬の副作用等の説明があります。
ここで気になる点は医師に相談できます。

薬の処方

薬はミノキシジルフィナステリドという治療薬を主に処方されました。
これらはAGA治療でかなりメジャーな治療薬です。
ミノキシジルは毛髪をつくりだす毛母細胞を活性化させ、
フィナステリドは脱毛を抑制する薬です。
詳しくは別の記事でまとめる予定です。
それに加え、Dクリニックでは発毛のためのビタミン剤が処方されます。


さいごに

治療を始める前は
若い人は通いにくそうだったり治療費が高いということで
なかなか治療を踏み切れずにいました。

実際に通ってみると意外と若い人が多く驚きました。
治療費も月々3万円ほどと払えない額ではありません。
悩んでいる方はとりあえず無料カウンセリングを
受けてみるべきです。
早めの治療で悩む時間を少なくできると思います。